管理だより

夏のイベント 硫黄岳登山

2017年8月16日 13:39

去る7月21日、夏のイベント第一弾、「硫黄岳登山」を実施いたしました。

2年連続で中止の中、3年目の正直で無事実施することができました。

直前に梅雨明けを迎え、当日は朝から太陽まぶしい好天に恵まれました。

6時に管理センターから桜平の駐車場まで向かい、準備体操を実施。

いよいよ出発です。

八ヶ岳方向から登る朝日がまぶしいです。

_G4A0941.JPG

谷間の向こうには峰の松目、ダケカンバや唐松の緑がまぶしいです。

_G4A0950.JPG

約40分程度で夏沢鉱泉到着。小休憩ののち出発。

_G4A0974.JPG

登山道わきを沢が流れ、山中にすがすがしい滝音が響き渡ります。

_G4A1025.JPG

途中の橋で一休み。ガイドの方がハコネサンショウウオを発見。

皆さんで観察しました。

_G4A1090.JPG

オーレン小屋を経て夏沢峠についたのは9時30分ころ。

このころには、野辺山側に雲がかかり始めました。

少し天候が心配です。

いよいよここから本格的な見晴らしの良い登山道が始まります。

_G4A1110.JPG

_G4A1120.JPG _G4A1136.JPG

どんどん高度を上げていくと、遠方には夏沢峠が見えます。

_G4A1144.JPG

さらに高度を上げると足場はガレ場になり、

天狗岳や諏訪湖など一望することができます。

_G4A1153.JPG _G4A1156.JPG

_G4A1184.JPG _G4A1201.JPG

ケルンが見えてくると、頂上もあとわずかです。

_G4A1226.JPG

頂上直下、硫黄岳爆裂火口をバックに記念撮影。

_G4A1227.jpg

_G4A1240.JPG _G4A1253.JPG

頂上では昼食を食べてまたまた記念撮影。

主峰赤岳は、雲から出たり入ったり。

梅雨明けにしては湿度が高く、雲がもくもく湧いてきます。

_G4A1367のコピー.jpg _G4A1352.JPG

頂上からの景色を堪能し、予定よりも遅れていたため

硫黄岳山荘はあきらめて下山です。

イワヒバリが見届けてくれました。

_G4A1372.JPG _G4A1376.JPG

霧に包まれる中下山です。

_G4A1380.JPG

この後、全員無事に下山し、予定より少し遅めの16時30分には解散しました。

3年ぶりの開催は天候にも恵まれ、非常にご満足いただける登山となり、

感動のお声も頂戴いたしました。

さて、来年はどんなルートを計画するのか、今から思案中です。

おまけ この日見られた花々。

_G4A0964.JPG _G4A0985.JPG _G4A0998.JPG _G4A1038.JPG

キバナノコマノツメ・オトギリソウ・オガラバナ・ヨツバシオガマ

_G4A1009.JPG _G4A1052.JPG _G4A1085.JPG

ゴゼンタチバナ・キソチドリ・シロバナノヘビイチゴ(果実は美味)

_G4A1096.JPG _G4A1128.JPG _G4A1244.JPG _G4A1262.JPG

コフタバラン・コガネイチゴ・ミヤマシオガマ・イワツメクサ

_G4A1284.JPG _G4A1328.JPG _G4A1388.JPG

ミヤマダイコンソウ・ムシトリスミレ・リンネソウ

_G4A1316.JPG _G4A1392.JPG

イワウメ・ハクサンシャクナゲ

_G4A1348.JPG

そして、コマクサなどでした。

カレンダー

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ